「サステナビリティは“エリート”じゃなくて良い」 デトロイトで活動する黒人女性デザイナーの取り組み

大手メディア
スポンサーリンク


サステナブルブランド「ホープ オブ フラワー」を手掛けるデザイナーのトレイシー・リース ©︎ FAIRCHILD PUBLISHING, LLC


「ホープ オブ フラワー」のコレクションから ©︎ FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

 アメリカ・デトロイトを拠点とするデザイナーのトレイシー・リース(Tracy Reese)は、自身のブランド「ホープ オブ フラワー(Hope of Flower)」の最新コレクションを通してサステナビリティに取り組んでいる。同コレクションは“イントゥー フォール(Into Fall)”と題し、秋の雰囲気を表現したスカートやドレスを中心に10アイテムをそろえた。アイテムの素材には、環境負担が少ないとされるリヨセル・テンセルや、オーガニックコットンとリネンを使用する。
 トレイシー・リースは自身の名を冠したブランドを1998年に設立。当時まだ大きな動きでなかった包括性や多様性を表現し、プリントデザインが特徴のエレガントなスタイルで人気を獲得した。18年からはコレクション活動を休止しているが、19年にサステナビリティーを中心に据えたブランド「ホープ オブ フラワー」を始動。サステナブルな素材の使用やエシカルな生産、手作りであることに重きをおいている。
 「新しいコレクションを制作する時に大切なことはこれまでのやり方に戻

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました