“スチーマー ナノケア”でおうち美容をアップデート 今こそ、自分史上最高の肌に

大手メディア
スポンサーリンク

 スチーマーといえば、乾燥やキメの乱れなどの肌悩み対策として人気の美容家電の1つ。数あるスチーマーの中でも累計販売台数500万台を達成※1した「パナソニック ビューティ」の“スチーマー ナノケア”は、昨今のおうち美容需要の高まりもあり、ますます注目されている。そんな“スチーマー ナノケア”が6年ぶりに機能とデザインを刷新した。「パナソニック ビューティ」と「WWDJAPAN.com」が行ったライブ配信では、モテクリエーターのゆうこす(菅本裕子)を迎え、新”スチーマー ナノケア”の魅力をあますところなく解説した。
※1 2020年6月時点の“ナノケア”シリーズの累計台数

インスタライブのスペシャルゲストにゆうこすが登場
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Q-06eN_jtBo?rel=0&w=560&h=315]
 「パナソニック ビューティ」と「WWDJAPAN.com」は10月27日、コラボインスタライブを実施した。ブランド担当者からは“スチーマー ナノケア”新搭載の化粧水ミスト機能や、自動温冷機能などが紹介された。さらに、肌に影響を与える乾燥などの秋冬の外的要因や、在宅勤務の増加とスキンケアの関係性などブランド独自の調査結果を交えたトピックスでも盛り上がりを見せた。スペシャルゲストとして登場したゆうこすは、自

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました