ラムダン・トゥアミに紡がれたものたち。オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー、オーナーが生気溢れるマガジンを初めて製作しました。

メンズファッション
スポンサーリンク

h2.fs {
font-size: 21px!important;
display: block!important;
margin-top: 30px!important;
margin-bottom: 30px!important;
}

〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉のオーナーであるラムダン・トゥアミが、自身初のマガジン「WAM」を刊行しました。
アートディレクターとしても幅広く活躍する彼がインタビューからデザインまですべて手がけたこの雑誌は、まさに“ラムダン・ワールド”を凝縮した1冊。雑誌を作ろうと思ったきっかけや日本とスイスをテーマにした理由、自身がモデルとして登場する広告ページの撮影秘話について、じっくり話を聞きました。
環境や街に配慮した〈ビュリー〉の店づくり。
ー今日は、今年8月にオープンしたばかりの〈ビュリー〉の青山骨董通り店に連れてきていただきました。このお店はどんなコンセプトで内装を考えたんですか?
ラムダン:お店を作るときは、街の環境を壊さないことを念頭に置いています。ほとんどのブランドは周りの環境のことを考えずにドカンと店を構えてしまうけど、僕らは街の雰囲気を乱すようなことはしたくない。だから、まずはその国や都市、道や建物をよく観察するんです。


今回の骨董通りのビルは赤いレンガが特徴的だったので、それに馴染む

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました