連載「で、NEW VINTAGEってなんなのさ?」Vol.4 “映えない”けれどいまっぽい、ポロは着ててもポロゴルフ。

メンズファッション
スポンサーリンク

そもそもニュー・ヴィンテージとは?
1990年代、誕生から100年経過している“アンティーク”に対し、その定義は満たしていないけど、価値のありそうな古着を打ち出す際に使われ出した言葉“ヴィンテージ”。いまではさらに“レギュラー”と呼ばれていた80年代以降の古着にも、“ニュー・ヴィンテージ”という新たな価値を見出す動きがあります。本企画ではこの古着の新たな楽しみ方を、スタイルの異なる4つの古着屋が提案。それぞれの感覚でその魅力を語ります。
第4回目は「伊藤商店」の伊藤忠宏さん。
Text_Tommy
Edit_Yosuke Ishii
伊藤忠宏 / 伊藤商店 店主
Vol.4_ポロゴルフのドラムバッグ&カウチンニット

―伊藤さんにとっての、ニュー・ヴィンテージとは?
「“ニュー=新しい”、“ヴィンテージ=古い”という相反する言葉の組み合わせのように感じますけど、要は“フレッシュに感じられる古着”ってことですよね? まず、そうなり得る条件を挙げるなら、第1回目で(坂本)ハジメくんも言ってましたが“市場に数があること”。そうでなければ、人々に広まることがないので、そこからトレンドとしても成立しづらいですし」
―トレンドという点において、いまの若い世代にはどんなモノが人気だと捉えていますか?
「やっぱりロゴ物は人気ですね。例えハードロックカフェのTシャツやブランド物など、誰もが見

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました