スター不在、激動の中のNYコレの見所は? エディターズレター(2020年9月11日配信分)

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年9月11日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
スター不在、激動の中のNYコレの見所は?
 いよいよ始まりますね、2021年春夏コレクション・サーキット。
 ニューヨークは現地時間13日17時の「ジェイソン ウー」に始まって、16日19時の「トム フォード」で終了の3.5日間に短縮。デジタルプラットフォーム「ランウエイ360」を使ってオンライン配信します。
 今シーズンは「マーク ジェイコブス」も「マイケル・コース コレクション」も「ラルフ ローレン コレクション」も「プロエンザ スクーラー」も不参加。正直、だいぶ華やかさに欠けます。果たしてどれだけの視聴を集め、ビジネスチャンスを生むことができるのか。オンライン開催によって世界同時発表になることで、「ニューヨーク」であることの意義についても考える機会になりそうです。見る側にとっては都市名はもう記号程度にしかならないかもしれないですね。
 ただ、スターの不在は新しい芽に注目が集まる好機でもあります。特にアメリカはコロナ禍、BLM運動、大統領選挙と、まさに激動のタイミング。コレクションが社会的なメッセージで溢れることは間違いないでしょう。
 クリスチャン・シリアノや「パイヤー モス」のカービー・ジーン・

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました