巨匠のアーカイブが蘇る。ポーカーフェイスの30周年記念モデルは、ディテールまで忠実に再現された2本です。

メンズファッション
スポンサーリンク

オプティカルセレクトショップの先駆けとして、1990年に東京・渋谷で看板をあげた「ポーカーフェイス(POKER FACE)」。30年という長い歴史を歩んできた彼らが、この度リリースされるアニバーサリーモデルのひとつのコンセプトに掲げたのは“アーカイブ”です。
今回フォーカスしたのは、2人の巨匠が、約30年前に製作したとされるモデル。「金子眼鏡」の職人シリーズで知られる井戸多美男と山本泰八郎、ジャパンメイドのクオリティを世界に知らしめた宗匠のレアものが現代に蘇ります。
井戸多美男作 × POKER FACE 30th LIMITED MODEL 各¥48,400 in TAX
ブラウンのリムは、工芸品にも使われる伝統技法・七宝が施されたデザイン。
快適な掛け心地を提供する、鼻パットのない一山ブリッジ。
アーカイブの先セルのメッキ剥げがデザインの着想源に。
くねっとしたカーブが特徴的なこちらは、〈井戸多美男作〉としては初となるケーブルテンプル。ズレに強いことから、かつて乗馬用にかけられていたモデルなのですが、製造に高度な技術と手間がかかるためいまはなかなかお目にかかれません。
アーカイブは先セルのメッキが剥げ金属が露出してしまっていたのですが、偶然にもその配色が良く、あえてデザインに取り入れたもので、ブラックのフレームとの相性は抜群。すっきりとした鼻周りを演出させる一山ブリッ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました