コスメのベストセラーの理由教えます! 「キャンメイク」編

大手メディア
スポンサーリンク
 ドラッグストアやバラエティーショップで取り扱われているアイテムにはロングセラー商品が数多く存在する。なぜ安定した売り上げが続いているのか、何をきっかけに人気に火がついたのかなど、毎回、一つのブランドをピックアップ。ブランド誕生から現在までを振り返りながら、ブランドのターニングポイントとなった出来事について探っていく。
“プチプラ”のイメージが「安かろう悪かろう」から「安くても安心」に変化


「キャンメイク」は “Girly,Pop & Shiny”をコンセプトに井田ラボラトリーズから1985年に誕生し、今年35周年を迎える。10代後半〜20代前半をターゲットに、トレンドを押さえたメイクアイテムをそろえる。1998年の海外進出をきっかけにブランド名を「キャンメイク トーキョー」に変更し、現在は12カ国で展開する PHOTO:HIROKI WATANABE

 グループ会社である井田両国堂は化粧品の卸をしていたが、1963年に担当者が欧米に化粧品の視察に行ったところ、現地のドラッグストアやGMS(総合スーパー)で手に取りやすい価格で化粧品が販売されていたことに感銘を受けた。「日本でも安価にコスメを提供したい」と思い、井田ラボラトリーズを設立し1985年に「キャンメイク(CANMAKE)」を立ち上げた。最初はリップやチーク、アイシャドウなどのポイントメイクとネイルア

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました