スポーティな要素が加わったフレッシュな「セリーヌ」2021年春夏 異なる世代の記者が読み解く

大手メディア
スポンサーリンク

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)による「セリーヌ(CELINE)」は10月26日、2021年春夏コレクションを発表した。ショーはモナコのスタジアム、スタッド・ルイ・ドゥ(Stade Louis II)で撮影し配信。若い世代に希望をもってもらいたいというエディ・スリマンの思いから、コレクションはヤングジェネレーションをドキュメンタリーのように捉えた。エディ・スリマンのクリエーションを長年追いかけてきた向千鶴「WWDジャパン」編集長と、25歳の丸山瑠璃ソーシャルエディターの世代の異なる2人が対談し、それぞれの視点で今回のコレクションを読み解く。

























向:ティザーでは「MONACO」の文字と併せてバレエダンサーが踊っていたり「HERMITAGE」の文字が一瞬見えたから「ん?ロシアのエルミタージュ美術館」と予測ましたが、無観客ショーの舞台はモナコ公国でしたね。
丸山:はい、会場はモナコのスタジアム、スタッド・ルイ・ドゥでした。21年春夏メンズコレクションでもF1のサーキットをランウエイにしていましたが、今回はトラックがランウエイ。青空が見える開けたロケーションは、スポーティな要素が加わったコレクションにぴったりでしたね。荘厳な建物の装飾を映したティザーから、引き続きブルジョワ的

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました