「ブルックス ブラザーズ」はパーソナルオーダーに光明 コートは前年同期比35%増

大手メディア
スポンサーリンク



「ブルックス ブラザーズ」のパーソナルオーダーによるスーツ(9万9000円~) PHOTO BY NORIHITO SUZUKI

 米ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)が、チャプター11を申請して経営破たんしたのが今年7月8日。同社が株式の60%を持つブルックス ブラザーズ ジャパンが、日本における旗艦店青山店を閉店したのが8月30日。表参道店のオープンが9月4日と、激動の4カ月を過ごした「ブルックス ブラザーズ」。当然、これらを覆うようにコロナショックによる影響があり、コロナ以前から仕事着のカジュアル化が“スーツの「ブルックス ブラザーズ」”に暗い影を落としていた。表参道店の初速や好調だというパーソナルオーダーについて、大平洋一ブランドアンバサダーに聞いた。


大平洋一「ブルックス ブラザーズ」ブランドアンバサダー。表参道店にはパーソナルオーダーを担当するスタッフが7、8人いるが大平ブランドアンバサダーへの指名が最も多いという PHOTO BY NORIHITO SUZUKI


生地や部材選びがパーソナルオーダーの第一歩 PHOTO BY NORIHITO SUZUKI


続いて採寸作業 PHOTO BY NORIHITO SUZUKI


裾の調整。甲に少し掛かる“ハーフクッション”がトレンドだ PHOTO BY NO

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました