【FOCUS IT.】10年ぶりの復活を遂げたホワイトマウンテニアリング BLK。黒に奥行きをもたらすパターンメイキングの妙とは。

メンズファッション
スポンサーリンク

h2.fs {
font-size: 21px!important;
display: block!important;
margin-top: 30px!important;
margin-bottom: 30px!important;
}

10年の時を経て、再始動が発表された〈ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)〉のハイスペックライン「BLK」。しかし、単なる復刻という形ではなく、前回とルックスも違えば、フィロソフィーも180度異なります。
本日10月28日(水)から開催されるポップアップイベントを前に、「BLK」のリブートに至った経緯や10年という月日のなかでの変化、そしてパターンメイキングに込めた想いについて、デザイナーの相澤陽介さんに話を伺いました。

PROFILE


相澤陽介
〈ホワイトマウンテニアリング〉デザイナー

1977年生まれ。多摩美術大学染織科を卒業後、2006年に〈White Mountaineering〉をスタート。これまでに〈Moncler W〉、〈BURTON THIRTEEN〉 、〈adidas Originals by White Mountaineering〉など、さまざまなブランドのデザインを手がける。2019年からは、北海道コンサドーレ札幌のディレ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました