「ゾフ」と熊谷隆志がコラボレーションで追求する新しいアイウエアデザインとは?

大手メディア
スポンサーリンク



高島郷インターメスティック クリエイティブデザイン室プロデューサー(左)と熊谷隆志

 インターメスティックが手掛ける「ゾフ(Zoff)」と、スタイリストやフォトグラファーとして活動する熊谷隆志との協業によるプロジェクトが続いている。昨年、コラボレーションモデル「ゾフ×タカシ クマガイ(Zoff×Takashi Kumagai)」の発表に続いて、今年は熊谷がディレクターを務めるストリートウエアブランド「ウィンダンシ ー(WIND AND SEA)」とのサングラスを発売し、「ゾフ×タカシ クマガイ」の第二弾も販売中だ。「ゾフ」が熊谷とのコラボレーションで追求するアイウエアデザインとは?熊谷とインターメスティックの高島郷クリエイティブデザイン室プロデューサーに話を聞いた。
熊谷隆志はサングラス300本以上を所有するコレクター
1
/
2




最近始めたゴルフのときは、「ゾフ」のスポーツ用サングラスを愛用しているという熊谷隆志


WWD:「ゾフ×タカシ クマガイ」スタートの経緯は?
高島郷インターメスティック クリエイティブデザイン室プロデューサー(以下、高島):「ゾフ」はTシャツのように気軽に着替えるアイウエアを低価格で提供することを目指して、2001年に東京・下北沢に1号をオープンしました。それ以来、アイウエアをファッションアイテムとして定着させて

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました