有力ブランドの多くが採用するアプリ開発サービス「メグリ」とは?

大手メディア
スポンサーリンク

 新型コロナウイルスの影響でECやオムニチャネルの重要性が高まる中、ランチェスターが提供するアプリ開発プラットフォーム「メグリ(MGRe)」を導入する有名ブランドが増えている。同社が“コミュニケーションを通して顧客理解を深めるプラットフォーム”と位置付けるメグリにはどのような特徴があり、どのような効果が期待できるのだろうか。


多数のブランドが採用している

アプリを複数の情報と販売チャネルのハブに
1
/
3



 アプリ開発プラットフォーム「メグリ」の導入には大きく分けて3つのメリットがある。最初の一つは、店舗やEC、コールセンターなどチャネルごとにバラバラに存在している顧客データを、アプリをハブにして統合できること。どの販売チャネルでも一貫した接客が可能になったり、ブログやツイッター、インスタグラム、ユーチューブなどで発信している情報をアプリ上に集約できたりもする。“顧客データの統合”と“発信する情報の集約”により、顧客と企業の双方にとって「お互いの顔の見えるコミュニケーション」を実現する。



 2つ目のメリットが顧客データの統合で、データの緻密な分析が可能になること。このデータを生かし、商品の購入を検討している顧客に対してセール情報を通知したり、クーポンを発行したりといった個人のニーズに合わせた施策を実行できる。アプリが販売と情報チャネル

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました