パリコレデザイナーに聞く コロナ禍でのショーに踏み切った理由

大手メディア
スポンサーリンク
 2021年春夏パリ・ファッション・ウイーク(以下、パリコレ)はコロナ禍での開催となったが、18ブランドがリアルなランウエイショーを行った。特にフランスでは感染状況が悪化しつつあり、日々変わる状況に対応しながらの実施となった。パレ・ド・トーキョーの中庭を会場にした「クロエ(CHLOE)」や70人規模のショーを3回開いた「パコ ラバンヌ(PACO RABANNE)」など4ブランドのデザイナーに、ショーにこだわった理由とその意義を尋ねた。
AMI ALEXANDRE MATTIUSSI


アレクサンドル・マテュッシ「アミ アレクサンドル マテュッシ」デザイナー


「アミ アレクサンドル マテュッシ」2021年春夏コレクション


「アミ アレクサンドル マテュッシ」2021年春夏コレクション


「アミ アレクサンドル マテュッシ」2021年春夏コレクション


「アミ アレクサンドル マテュッシ」2021年春夏コレクション


「アミ アレクサンドル マテュッシ」2021年春夏コレクション

“リアルなショーはコレクションのストーリーを語る最良の方法。人々が生み出すエネルギーや音楽、照明が合わさることで“魔法”を起こすことができる。それがコレクションをより美しく見せるんだ。(セーヌ川の遊歩道をランウエイを設けた)ロケーションに関しては、衛生面を考えて屋

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました