音・アート・食で表現する、ぼくらが知らない秋葉原の魅力。ノーガホテルで背伸びしない贅沢、味わいません?

メンズファッション
スポンサーリンク


分厚いステーキをたらふく味わうことや、一人静かに黄昏の海を眺めること。
人の数か、それ以上に存在している“贅沢”という価値観ですが、近くの街のホテルに泊まるということも、ひとつの贅沢ではないでしょうか。
そんなことを考えるきっかけになったのが、今秋オープンしたばかりの「ノーガホテル 秋葉原 東京(NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO)」です。

ハイクオリティな音響設備や館内を彩る気鋭アーティストによるアート作品、旬の国産食材を使った料理など、音・アート・食の3つのテーマで構成し、さまざまなカルチャーが交錯する秋葉原のダイバーシティや好奇心を存分に体験できるホテルです。
秋葉原と聞くと“サブカルチャー”というイメージが先行しまいますが、ここはひと味もふた味も違っています。

デラックスツインルームは部屋ごとに厳選したハイエンドオーディオを設置。
まずは音。オーディオ文化を形成してきた街の側面にスポットを当て、ホテル内の各所では高音質なオーディオを設置。ホテルのコンセプトに合わせて選曲したBGMが流れるだけでなく、音楽イベントやワークショップの開催も予定しているそうです。


アートの面では、歴史ある秋葉原という街の再解釈を試みた現代作品を常設し、企画展を通して発信。キュレーターとして、「IDÉE」の創始者・黒崎輝男氏と、大矢知史氏によるキュレーシ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました