猿田彦珈琲が被りたい、国産デニムのキャップ。’47とキャントンオーバーオールズが脇を固めます。

メンズファッション
スポンサーリンク

東京は恵比寿の1号店を皮切りに、めきめきとそのコーヒーの輪を広げている「猿田彦珈琲」。最近では〈ポーター(PORTER)〉とエコバッグを作ったりと、そのクリエイションの効かせ方には感心してしまいます。
そんな同店が今回製作したのは、オリジナルキャップ。働くスタッフのユニフォームとしてだけではなく、普段のワードローブとしても活用できるよう作られたそれは、ある分野の申し子とも言える二者とのコラボレーションです。





TheBridgeDENIMCAP(ザ ブリッジ デ ニムキャップ)¥4,800+TAX
「猿田彦珈琲」がお知恵を拝借したのは、国産のジーンズブランドの〈キャントンオーバーオールズ(CANTON®OVERALLS)〉と、スポーツリーグから絶大な支持を受けるプレミアム・スポーツライフスタイルブランド〈’47(フォーティーセブン)〉。

さりげなく「’47」の刺繍が。
各店舗のスタッフユニフォームである、秋冬用のデニムジャケットと同じ岡山県産の「キャントンオーバーオールズ オリジナル オーガビッツデニム」を採用。あえて不均一なネップや糸を使用し、ヴィンテージライクな風合いに仕上げました。擦れやアタリなども入れているので、デニムならではの経年変化も楽しむことができます。
発売は10月23日(金)より数量限定で。コーヒーを1杯1杯じっくりと淹れるように、このキ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました