クラシックでありながらモダン。ゾフとジャーナルスタンダード レリュームのコラボはデザインもコスパも優秀です。

メンズファッション
スポンサーリンク

“クラシック回帰”のムードが強まった今シーズン、アイウェアを新調するなら、ウェリントンやボストンといったトラディショナルなフレームがオススメです。
〈ゾフ(Zoff)〉と「ジャーナルスタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume)」のコラボコレクションでは、オールドアメリカンスタイルからヒントを得た、洗練されたデザインが豊富にラインナップ。お財布にも優しいプライスレンジとあれば、Tシャツ感覚でアイウェアを購入してみてもいいかもしれませんね。
ZA201018 各¥8,800 in TAX

アメカジスタイルにハマるのが、アイウェアの大定番ウェリントン。無駄を削ぎ落としたデザインは、50~60’sアメリカンクラシックの雰囲気を残しつつも、どこかモダンな佇まいに。フレームの微かな曲線が存在感と奥行きを演出してくれます。フォーマルからカジュアルまで、シーンを問わずに着用できる汎用性の高い一本です。
ZA201017 各¥8,800 in TAX

カシメ丁番調のピンディテールで、ヴィンテージの世界観を再現。
“アメリカンヴィンテージの王道”とも形容されるボスリントン。その名の通りウェリントンにボストンの丸みを加えたような中間的シェイプで、アンディ・ウォーホルをはじめとする多くの文化人に愛されてきました。どんな顔の形にも馴染む、ビギナーでも取り入れや

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました