「ノワール ケイ ニノミヤ」の“気持ちを前に進める服作り” 狂気と可憐さが共存するリボンドレス

大手メディア
スポンサーリンク



「ノワール ケイ ニノミヤ」2021年春夏コレクション

 二宮啓が手掛ける「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」は10月19日、2021年春夏コレクションを東京・南青山のコム デ ギャルソン本社で発表した。同日に同会場で開催された「コム デ ギャルソン」と同様に9〜10月に行われたパリ・ファッション・ウイークには参加せず、今季は東京での発表に切り替えた。
“手元にあるもので新しいものを生み出す”


PHOTO:SEIGO ISHIZAKA


_DSC4427.jpg


PHOTO:SEIGO ISHIZAKA


PHOTO:SEIGO ISHIZAKA


PHOTO:SEIGO ISHIZAKA


PHOTO:SEIGO ISHIZAKA


PHOTO:SEIGO ISHIZAKA

 ファーストルックは、無数の黒いビーズを通したワイヤードレス。輪っか状の装飾が歩くたびに揺れ動く。その装飾はハーネスやチェーン、チュールを組み合わせて、次第に派手に、ボリューミーに、要素を増していく。
 中盤のルックからはリボンが主役になった。チュールのリボンをのせた立体的なドレスや、ファーのように無数のリボンを覆ったドレスなど、大胆に装飾を盛り込む。終盤にはピンクと白の半透明のビーズを編んだロングドレスや、ビー

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました