美容師が選ぶ「イノアカラー」が進化 さらに広がるトレンドカラー の表現力

大手メディア
スポンサーリンク

 「イノアカラー」は、多くの人気美容師がSNSで仕上がりを投稿している話題のヘアカラーだ。オイル配合率約60%という独自のテクノロジーを採用した“オイルグロスカラー”で、艶感と奥深い透明感で高い支持を得ている。業界を代表する50サロンに「実際に使って最も良かった製品」を聞いた「WWDビューティ ヘアサロン版ベストコスメアワード2020」ではヘアカラー部門の第2位を受賞。10月には新色の「クリア」が登場し、さらに色表現の可能性が広がった。ここでは、トレンドセッターサロン「シャチュー(SHACHU)」のみやちのりよし最高経営責任者(CEO)が手掛けた、今秋のトレンドカラー“グレープグレージュ”と“マロンアッシュ”のルックを紹介する。
艶はもちろん、色みがパキッと出て黄色みもきれいに消せる


みやちのりよし/「シャチュー(SHACHU)」CEO兼トータルプロデューサー

 “グレープグレージュ”は、「バイオレット」を使うことで最近多い寒色のハイトーンよりも暖色がかり、マイルドなハイトーンが求められる最近の傾向にマッチしている。“マロンアッシュ”は、カーキっぽいくすみ過ぎないマロンで、くすんだグレージュからさらなる進化が要求されはじめている今秋、ニーズに沿った提案となっている。また、新型コロナによりサロンに行けない期間を経験したお客さまは、色持ちのよさや褪色の仕方を気にする傾

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました