好感度オバケの芦田愛菜投入は苦肉の策? 川口春奈不在で『麒麟がくる』大ピンチ

芸能情報
スポンサーリンク
 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の新キャストが発表され、女優の芦田愛菜が「細川ガラシャ」の名で知られる明智光秀(長谷川)の娘・たまを演じることがわかった。
 11年の『江 姫たちの戦国』以来、9年ぶりの大河ドラマ出演となる芦田は、たまを演じることについて、「戦国時代の女性の中で、私の憧れでした。初めて彼女のことを知った時、自らの散り際をわきまえた、とても潔い最期…
続きを読む
Source: 芸能

リンク元

スポンサーリンク
芸能情報
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました