「私の家政夫ナギサさん」考察 エディターズレター(2020年9月3日配信分)

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年9月3日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
「私の家政夫ナギサさん」考察
 TBSラジオのヘビーリスナーだからでしょうか?ドラマ「半沢直樹」の話をよく聞くし、スポーツクラブでお会いする“お兄さま”“お姉さま”は一様に夢中です。実は、一度もちゃんと見たことがない私。先日チラッと見ましたが、終始「圧」なドラマですね(笑)。目力120%、血管浮き出まくり。率直に申し上げれば、「日曜の夜には、疲れそうなドラマだなぁ」と思ってしまいました(笑)。
 長年ドラマは朝ドラだけでしたが、今シーズンはもう1つ、楽しみな作品がありました。「私の家政夫ナギサさん」です。主演は、大好き多部未華子。ドラマの舞台は、我が街横浜(主人公の自宅は都筑区でしたw)。主人公は、「こんなMR(医薬情報担当者)いるの?」と軽く炎上するほど、「ステラ マッカートニー」のバッグや「TASAKI」のパールジュエリー(“デインジャー”がおそろいなのが嬉しかったのですw)、「カルティエ」の腕時計などファッション・コンシャス。と、この時点ですでに楽しいのですが、一番「今っぽいなぁ」と思ったのは、登場人物がステレオタイプではないことです。ある意味、半沢直樹の真逆な気がします。まず主人公は、家事全般が苦

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました