坂本龍一が楽曲提供 「ロロ・ピアーナ」の最上級品質の素材を体感するデジタルインスタレーション

大手メディア
スポンサーリンク


「ネイチャー」の展示


「ネイチャー」の展示


「インフィニット コネクション」の展示


「インフィニット コネクション」の展示


「インフィニット コネクション」の展示


「クラウド シティ」の展示


「クラウド シティ」の展示


「クラウド シティ」の展示

 最上級品質の素材使いで知られるイタリアブランド「ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)」は、デジタルアートインスタレーション「An Odyssey of Touch」を東京・銀座のロロ・ピアーナ銀座店で10月25日まで開催中だ。ロンドンを拠点にするビジュアルアーティストのウィアードコア(Weirdcore)が、ブランドを代表する素材の手触りを視覚と聴覚で表現している。オリジナルの楽曲は坂本龍一が手掛けた。
 展示は「ネイチャー(Nature)」「インフィニット コネクション(Infinite Connection)」「クラウド シティ(Cloud City)」の3つの空間に分けて演出を行っている。「ネイチャー」では、蓮の繊維からできた希少なテキスタイル“ロータス・フラワー”から着想し、デジタルスクリーンを水面に見立てて秋の木の葉と蓮の花が揺れ動く様子を映し出す。「インフィニット コネクション」ではカシミヤ繊維のありのままの美しさにフォーカスし、カシミヤ原毛の塊に光を当

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました