『鬼滅の刃』女性キャラクターたちの悲愴──胡蝶しのぶの“戦い方”が表す現代女性の生きづらさ

芸能情報
スポンサーリンク
──サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。
【この記事は「月刊サイゾー」2020年6月号からの転載です。以下、既刊の単行本のネタバレを含みますの…
続きを読む
Source: 芸能

リンク元

スポンサーリンク
芸能情報
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました