ドラムの次はクルマ。山谷佑介の新たな試みが見られる個展がスタートします。

メンズファッション
スポンサーリンク


写真家・山谷佑介さんの超大作『Doors』。先日、フイナムではその作品を軸に、こちらも超大作なインタビュー記事ができました。まだの方はぜひ一読を。
そのインタビュー記事の舞台となっていた「flotsam books」で、山谷さんが10月17日(土)から個展をスタートします。タイトルは「TOKYO BY CAR」。
山谷さんといえば、自分でドラムを叩き、その振動でセルフポートレートを撮るという前衛的な手法が有名です。が、今回並ぶ作品は、クルマの後部座席にカメラとストロボを設置し、運転しながらレリーズ(離れた場所からシャッターを切るカメラアクセサリー)を用いて撮影されています。



運転しているのは山谷さんで、シャッターを押すきっかけは山谷さんが見ている前方の風景。けれど映し出されるのは、後部座席の窓から見える景色。意識的であるけど無意識で、必然でもあり偶然な作品が並びます。被写体がどうであれ、やっぱり山谷さんの写真は、妙に生っぽくて充満している空気が濃いーんです。
また一歩、新しい表現へと踏み出した山谷さんの挑戦を、ぜひこの機会に。
なお、今回の展示は「杉並区新しい芸術観賞様式助成事業」に選定されていて、感染症対策を施しての開催です。

INFORMATION

TOKYO BY CAR
会期:10月17日(土)〜25日(日)
場所:flotsam b

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました