ファッション業界人は「財テク」下手!? “ゴールド”から資産運用を考えてみた 働くママのざっくばらん“本音”トークVol.9 ファッション編

大手メディア
スポンサーリンク




 これまで「業務効率化」「便利なECサイト」などをテーマにしてきた、ママ連載(ファッション編)。でも本当に気になるのは「お金のコト」という人も多いのでは?今回は、そんな「財テク」をテーマに鼎談。田中貴金属が手掛けるジュエリーブランド「ギンザタナカ(GINZA TANAKA)」銀座本店の山口大介副店長を訪ね、「財テク」初心者の現・元「WWDジャパン」記者ママ2人が、ファッション業界人には一番身近(!?)で、身に付けることもできる“ゴールド”から資産運用を考えてみました。
「袖を通すことも勉強!」が散財の免罪符
村上杏理(以下、あんり):突然だけど、カモちゃん。「財テク」って何かやってる?
鴨井里枝(以下、カモちゃん):何もやってないよ。でも取材で日々良いモノに触れているおかげで、目だけは肥えていく。「節約」は大切だけど、ちょっとしたモノが高めだから、そろそろ何かやらなきゃと思ってるよ。
あんり:それは耳が痛い。私も娘が生まれて、お金の大切さがやっと自分事化した。過去を振り返ると、展示会でオーダーした洋服が、オンシーズン数カ月前から届き始めて生活が徐々にカツカツに。ボーナスが出る時期に、サンプルセールもタイミングよく開催されるから、さらに洋服を買い込む。で、半期で収支が「±ゼロ」という生活を10年くらい続けてた(笑)。これはファッション業界で働く人“あるある”だと思う。

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました