百貨店「閉店ラッシュ」の夏 エディターズレター(2020年8月20日配信分)

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年8月20日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
百貨店「閉店ラッシュ」の夏
 今年の8月は百貨店の閉店が相次いでいます。
 16日に高島屋港南台店(神奈川県)、17日に井筒屋黒崎店(福岡県)が営業を終了しました。31日にはそごう・西武が運営する西武岡崎店(愛知県)、西武大津店(滋賀県)、そごう西神店(兵庫県)、そごう徳島店(徳島店)が一斉に閉まります。同日、福島県の地場の百貨店である中合福島店も146年の歴史に幕を下ろす。ちょっと毛色は違うけれど、名古屋駅前の中規模店であるイセタンハウス、東京駅の赤レンガ駅舎に入る松屋の小型店も31日に営業を終えます。
 百貨店の閉店ラッシュは今に始まったことではありません。しかし1カ月でこれだけ重なるのは、おそらく初めてでしょう。新型コロナウイルスの感染拡大の影響というよりも、大半はコロナが発生する前に決まっていた案件です。コロナの打撃によって、来年以降、さらに閉店が加速する可能性が高いと思われます。
 私はこれまで多くの百貨店の閉店の現場を取材してきました。最終日の店内は、多くの地元客でごった返します。閉店セールが目的というよりも、長年世話になった百貨店の最後を見届けたいという人が圧倒的に多いのです。
 声をかけ

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました