進化を続ける「ダブレット」 愛にまみれたゾンビの館へようこそ

大手メディア
スポンサーリンク

 「0点か100点かぐらいに評価が分かれてもいい」――「ダブレット(DOUBLET)」の井野将之デザイナーがインタビューでそう語っていたのは、2017年の3月のこと。東京ファッション・ウイークで初めてランウエイショーを行う直前だった。その言葉通り、デビューショーの奇抜な演出に評価は賛否両論。実際に取材した当時の自分も、100点だとは正直思わなかった。それから約3年半が経った20年10月12日、「ダブレット」は東京で再びショーを行った。以前とはブランドを取り巻く状況も激変し、取り引き先のアカウントも国内39、海外27にまで拡大した。それでも井野デザイナーは本番前日にブログを更新し、「賛否両論の中間意見がなく、賛か否に分かれるショーになる」と控え目に綴った。
ショーは楽天の支援で


本格的なゾンビメイクは精鋭チームによりスピーディーに行われた PHOTO:RYAN CHAN


本格的なゾンビメイクは精鋭チームによりスピーディーに行われた PHOTO:RYAN CHAN


本格的なゾンビメイクは精鋭チームによりスピーディーに行われた PHOTO:RYAN CHAN


本格的なゾンビメイクは精鋭チームによりスピーディーに行われた PHOTO:RYAN CHAN


本格的なゾンビメイクは精鋭チームによりスピーディーに行われた PHOTO:RYAN CHAN

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました