秋デニムは脱カジュアル! アウターでクラシックに格上げ

大手メディア
スポンサーリンク


「セリーヌ」2020-21年秋冬パリ・コレクション GIOVANNI GIANNONI / WWD (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

 最も身近なウエアの一つであるデニムパンツに異変が起きています。2020-21年秋冬シーズンのランウエイではクラシックなテイストが台頭。ジェンダーレスな風潮も追い風になり、デニムパンツを“タイムレス&ジェンダーレス”な方向でアレンジする動きが目立っています。
 たとえば、「セリーヌ(CELINE)」は、貴婦人風フリルをあしらったブラウスで、デニムルックをフォーマルに格上げ。さらにテーラードジャケットを羽織って、凜々しさもプラス。ユーズド感を漂わせるデニムパンツに、品格を寄り添わせました。今秋冬のデニムコーデではこういった、クラシックなアイテムを使った“脱カジュアル”のムードづくりがポイントになります。
ダンディーなジャケットでクールな“デニム紳士”に


「バルマン」2020-21年秋冬パリ・コレクション GIOVANNI GIANNONI / WWD (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

 ダンディーなダブルブレストのジャケットをキーピースに選び、英国紳士風のスタイリングに仕上げたのは、「バルマン(BALMAIN)」のデニムルック。タキシードライクな襟とつやめいた風合いはウォッ

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました