ウォルター ヴァン ベイレンドンクのアートピースが行進中!? 場所はトレーディング ミュージアム・コム デ ギャルソンです。

メンズファッション
スポンサーリンク

ファッション界の生き字引的な存在、ウォルター・ヴァン・べイレンドンク。いまでも服好きの間で語り継がれる “アントワープシックス” のひとりであり、現在は「アントワープ王立芸術アカデミー」の学長でもあります。
そんな彼が自身のブランド〈ウォルター ヴァン べイレンドンク(Walter Van Beirendonck)〉で発表するクリエーションは一言でいうと異彩。当たり障りのない服が好まれる時代のなかで、忘れかけていたファッションの奇抜さや面白さを教えてくれます。それは見るひとや手に取ったひとに何かを強く訴えかけるようなデザイン。見た瞬間目から消えてしまう有り触れたものではなく、心に刻まれるものです。最近だと小さな人形を使って発表した2021年春夏コレクションのショートムービーが話題を集めました。
ここで紹介するのは東京・表参道の「トレーディング ミュージアム・コム デ ギャルソン」で行なわれているインスタレーション。2020-21年秋冬コレクションのフィナーレを飾ったアートピースの展示販売です。



これらのアートピースはウォルターの考えである「地球を守る」「テロ反対」「コピーを嫌う」といったメッセージをユーモラスに表現したものなのだそう。パリのギャラリーでも展示されていましたが、“トレーディング ミュージアム・コム デ ギャルソン” では作品を纏ったボディが行進するよう

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました