セレクトショップからエデイトリアルショップへ。オープンから3周年を迎えたイマジンの第2章がスタートします。

メンズファッション
スポンサーリンク

大阪・中津のいち個店ながら、全国にその名を轟かすセレクトショップ「イマジン(IMA:ZINE)」が3周年を迎えました。毎週のようポップアップイベントや別注アイテムを企て、つねにホットな話題を振りまき続けてきたわけですが、この4年目からは新たなフェーズへと突入。単なるセレクトショップではなく、エディトリアルショップへと歩を進めます。
「ただあるものを届けるのではなく、僕たちが出会ったモノ・コト・ヒトにその時々のムードを加えて編集し、自分たちが考える最上のエンターテインメントを提供していきます。」とは「イマジン」の声。今後は段階的に新しい姿へとかたちを変えていくそうで、まず初めの動きとして〈ゼパニーズクラブ(Zepanese Club)〉のショップ・イン・ショップと、この秋冬に発信する別注アイテムの詳細が届いたので紹介します。

Zepanese Club Shop in IMA:ZINE
「イマジン」のディレクター谷さんと、マネージャーの稲葉さんが携わる〈ゼパニーズクラブ〉。これまではスポット的にアイテムリリースし、瞬く間に店頭から姿を消してきた同ブランドが今後はショップ・イン・ショップとして常設され、いつでも手に取れるようにスタンバイされるとのこと。また新たにインスタグラムのアカウントも開設されたので、こちらも合わせてフォローを。
続いては「イマジン」が今シーズン仕掛ける別注

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました