宇野薫が柔術着をアートにします。脇を固めるのは五木田智央と小菅くみ、村上周、そしてリーバイス®。

メンズファッション
スポンサーリンク

総合格闘家として、プロ生活25年目に突入した宇野薫さん。現在は柔術大会、グラップリングマッチにも活動の場を広げています。
そして、この記事でも語ってくれているように、強烈なファッション好きでもあります。興味を持ったきっかけは〈リーバイス®(Levi’s®)〉のデニム…。
今回、中目黒のギャラリー「BRICK & MORTAR」では、宇野さんの活動25年突入企画が開催されます。アートな柔術着が勢揃いです。

※非売品
まずは、冒頭でも記した通り、宇野さんが愛してやまない〈リーバイス®〉とのコラボレーション柔術着。「リーバイス®ストア」で回収した不要なデニムと、古着屋「OKIDOKI」でリペアの際に使用した不要なデニムをかき集めて作られています。製作したのは、デニムリペアの達人である「OKIDOKI」の杉本康之さん。
柔術着/小菅くみモデル ¥55,000+TAX
柔術着/村上周モデル ¥55,000+TAX
刺繍作家の小菅くみさん、「BRICK & MORTAR」のオーナーでアーティスト・村上周さんが手掛けた柔術着も展示・販売されます。
宇野薫ポートレイトTシャツ Illustration by 五木田智央 ¥4,500+TAX
本イベント開催を記念したTシャツは、画家の五木田智央さん描き下ろし。また、宇野さんが選手として辿ってき

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました