パルグループHD3〜8月期は営業赤字17億円

大手メディア
スポンサーリンク


ららぽーと和泉のブランド複合店

 パルグループホールディングス(HD)の2020年3〜8月期連結業績は、売上高が前年同期比32.5%減の451億円、営業損益が17億円の赤字(前年同期は55億円の黒字)、最終損益が15億円の赤字(同34億円の黒字)だった。出店エリアが大都市中心のため、緊急事態宣言解除後も売り上げの回復が遅れたこと、「スリーコインズ(3COINS)」など雑貨事業でEC対応をしてこなかったことが、大幅な減収要因となった。
 4〜5月の臨時休業により、既存店売上高(店舗のみ)は同57%まで落ち込んだ。6月は営業再開後、全店で前年並みまで持ち直したが、7月に感染再拡大して以降の東京と大都市部での落ち込みが大きく響いた。セグメント別売上高は衣料事業が同34.2%減の320億円、雑貨事業が同28.1%減の130億円。EC売上高は自社ECサイトで同85.5%増と大きく伸ばし、全体でも同23.6%増えた。EC化率は前年同期より6ポイント上昇し23.9%となった。普段着のおしゃれを提案する「フーズフーギャラリー(WHO’S WHO GALLERY)」「フーズフー チコ(WHO’S WHO CHICO)」「カスタネ(KASTANE)」「ミスティック(MYSTIC)」はECが好調なだけでなく、既存店売上高も前年同月比20%減以下で踏ん張った。
 休業で店頭販売できなかった春

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました