パリコレ現地リポートVol.6 リアルのトリはやっぱり「ルイ・ヴィトン」!リアルとデジタルの異なる演出に感嘆

大手メディア
スポンサーリンク
 こんにちは、ヨーロッパ通信員の藪野です。ついにパリコレ現地リポートも最終回を迎えます。今シーズンは外食を一切せずにほぼずっと自炊で、ホテルとショー会場やショールームの行き来のみだったので、なんだか寂しい出張でした。ただ、この状況下でも現地に行けて本当に良かった。いつもより多くのデザイナーと話すことができましたし、リアルなショーは印象に残るものが多かったので、親密&濃密な体験になりました。それでは、「シャネル(CHANEL)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のショーを含む8日目と9日目のダイジェストをお届けします!
10月5日(月)
12:30 「ミチノ」の新ショールームでほっこりティータイム







 「ジバンシィ(GIVENCHY)」の展示会でひたすら写真を撮った後(詳しくは現地リポートVol.5をご覧ください)に向かったのは、パリ在住日本人デザイナーのヤス・ミチノさんが手掛けるバッグブランド「ミチノ(MICHINO)」。移転した新しいショールームで2021年春夏コレクションを見せてもらいました。と言いつつ、実際はミチノさんとPRのオードさんと久々の再会だったので、日本茶をいただきながらほっこりティータイム。フランスの状況や最近のバッグ事情、近況などを話し合いました。
  
 「今までブランドの中で決めたルールに縛られていたけど、今季は本

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました