「コスト」が大きいモノこそサブスクに エディターズレター(2020年8月20日配信分)

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年8月20日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
「コスト」が大きいモノこそサブスクに
 もう一種類のメルマガでは昨日、「自転車通勤始めました」と近況報告しましたが、“自転車ツーキニスト”になって改めて気づくのはシェアサイクルの普及の度合いです。特に毎週土曜日、横浜から豊洲にある「アシックス」の低酸素ジムまでチャリで移動する時は(笑)、道中、数えきれないくらいのシェアサイクルに出合います。ママチャリに乗るママ&買ったばかりの自転車に乗る子どもと一緒にツーリングするパパはシェアサイクル、なんてケースが一般的でしょうか?シェアサイクルに乗るUber Eatsのドライバーも多いのですが、彼らはマネタイズできているのでしょうか?そんなコトを考えながら、週末は片道25kmの距離を爆走し、着いた先でバーベルを持ち上げ、帰宅前にはご近所のジムでもう一回有酸素という、アディクト以外の何物でもない時間を過ごしています。
 調べるとシェアサイクルの月額利用料金、つまりサブスク料は2000円程度のようです。これを高いと捉えるか?それとも安いと考えるかは個々人によるでしょうが、10万円くらいの電動自転車が毎月乗り放題で2000円なら、悪くありません。自転車って、導入時に強いら

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました