連載【で、NEW VINTAGEってなんなのさ?】Vol.2 90年代、日米ストリートを繋いだ存在・サブウェア。

メンズファッション
スポンサーリンク

そもそもニュー・ヴィンテージとは?
1990年代、誕生から100年経過している“アンティーク”に対し、その定義は満たしていないけど、価値のありそうな古着を打ち出す際に使われ出した言葉“ヴィンテージ”。いまではさらに“レギュラー”と呼ばれていた80年代以降の古着にも、“ニュー・ヴィンテージ”という新たな価値を見出す動きがあります。本企画ではこの古着の新たな楽しみ方を、スタイルの異なる4つの古着屋が提案。それぞれの感覚でその魅力を語ります。
第2回目は「ブルールーム(blue room)」の羽月基さん。
Text_Tommy
Edit_Yosuke Ishii
羽月基 / blue room オーナー
Vol.2_サブウェア
―「ブルールーム」が考えるニュー・ヴィンテージとは?
「そもそも90年代に70年代以前の古着がヴィンテージと呼ばれていたように、90年代生まれのぼくらからすると同じ時代に生まれたアイテムって、いわゆるヴィンテージの感覚なんですよね。自分らと同世代ではありますが20年以上前のものですし。で、それが上の世代の方々の感覚ではニュー・ヴィンテージに当たるのかなって、今回この企画に誘っていただき改めて思いました。」
―確かに世代感の差は少なからずありますよね。
「ぼくら自身、古着が好きでそれなりにヴィンテージも色々と見て、触れてきた中で、段々と「〈チャンピオン〉の目無し

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました