イトキンがリメイク型D2Cブランド 若手・少数精鋭で事業もサステナブルに

大手メディア
スポンサーリンク


イトキンのサステナブルなリメイクD2Cブランド「リマイン」のキービジュアル。主力アイテムのトレンチコートをフィーチャー

 イトキンがリメイク型のD2Cブランド「リマイン(RE:MINE)」をスタートする。“生まれ変わって私のもとへ”を合言葉に、倉庫に眠る在庫商品を新しいデザインで生まれ変わらせるサステナブルマインドのブランド。イトキンオンラインストアに「リマイン」のブランドページを開設し、10月13日から販売を予定する。将来的にはポップアップストアなどでの販売も構想中だ。
 サステナビリティの観点や収益性の向上、そして新たなビジネスチャンスという意味でも、ゼロウエスト(廃棄ゼロ)や余剰在庫のアップサイクル・販売はファッション企業が取り組むべき大きな課題だ。イトキンは2016年から投資会社インテグラルの傘下で経営刷新を図り、20年1月期の売上高約447億円に対して最終消化率は85%超と、かつてに比べて20~30ポイント向上している。しかし、まだ改善の余地がある。
 そこで、いまどきのアパレルでは珍しく、55人ものパタンナーを擁する技術系子会社ジャスモードを管轄する内藤秀司EC事業部事業部長の下、研究開発を開始。この技術職のサポートを受けながら、社内公募で選ばれた30代の佐藤美保デザイナーと、入社2年目のウェブ担当者ら若手を中心にコンパクトなチームでプロジェクトを運営する

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました