「トモ コイズミ」×「エミリオ プッチ」誕生の裏側 現地の心をつかんだ夢と職人技の融合

大手メディア
スポンサーリンク


小泉智貴「トモ コイズミ」デザイナーによる「エミリオ プッチ」のカプセルコレクション

 「エミリオ プッチ(EMILIO PUCCI)」は9月25日、2021年春夏コレクションをミラノで発表した。同ブランドは、20-21年秋冬シーズンからブランドの歴史やDNAを再解釈するゲストデザイナーを招へいする態勢へと移行し、デザインチームが制作するメインコレクションとはほかに「コシェ(KOCHE)」のクリステル・コシェール(Christelle Kocher)=デザイナーを迎えてカプセルコレクションを発表した。第2弾となる今季は「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」の小泉智貴デザイナーがカプセルコレクションを手掛け、デジタルで披露した。ミラノでは関係者向けに展示会が開かれ、小泉デザイナーが現地で来場者を迎えた。
 カプセルコレクションは「エミリオ プッチ」の鮮やかなプリントを「トモ コイズミ」らしい幻想的なフリルで表現した11型だ。同コレクションは受注生産される予定で、夢のような世界観と丁寧な手仕事の融合に現地での反応も上々だという。さらにコマーシャルラインとしてポーチやサンダル、Tシャツも並ぶ。展示会場で小泉デザイナーに、ゲストデザイナーに招へいされた経緯やコロナ禍に取り組んだコレクション制作について聞いた。
「迷いは一切なかった」


小泉智貴「トモ コイズミ」

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました