異なるベクトルからとらえた衣服の造形美。カルとレショップが描いたのは、そんな無国籍のセットアップです。

メンズファッション
スポンサーリンク


ファッション通の視点ではなく、フラットな目線で造形美を追求し、新たな衣服へと再構築する。
通常とは異なるベクトルからアプローチする〈カル(Cale)〉は、コンテンポラリーアートのギャラリーでもあり、厳選されたマテリアルと秀でた縫製技術が持ち味のブランドでもあります。
そんな〈カル〉と「レショップ(L’ÉCHOPPE)」が用意したのは、“無国籍”をテーマにしたセットアップです。

Cale × L’ÉCHOPPE EX JACKET ¥62,000+TAX
Cale × L’ÉCHOPPE EX PANTS ¥42,000+TAX
独自のフォルムを描くビッグジャケットとワイドスラックスは、透明感を帯びたようなネイビーとグレーの2色で展開。端正なパターンメイキングと類い稀な色彩感覚からは、日本人デザイナーとは思えないような鋭い感性を感じてなりません。



立つ、座る、歩くいった何気ない所作も、どこか美しく描いてくれる。そんなシルエットが魅力ではないでしょうか。現代的とも懐古的とも言いがたく、国籍や時代性を感じさせない唯一無二ともいえるセットアップ。発売は10月3日(土)です。
ちなみにレショップ青山店では、〈セブンバイセブン(SEVEN BY SEVEN)〉のイベントが行われます。こちらも合わせてチェックしておきたいですね。

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました