レンチングがCO2排出量実質ゼロの繊維を供給開始

大手メディア
スポンサーリンク

 オーストリアのセルロース繊維最大手レンチング・グループは(LENZING GROUP)は、同社の主力繊維ブランドである「テンセル(TENCEL)」から、CO2排出量を実質ゼロにした “テンセリヨセル”と“テンセルモダール”の供給を開始する。カーボンニュートラル(CO2排出量実質ゼロ)の世界基準を提供するNGO団体のカーボンニュートラル(The CarbonNeutral)の基準に準じた厳しいガイドラインに従って生産される。このガイドラインでは繊維の生産、製造、および流通に関連する排出ガスが計算されて、オフセット(相殺)されたことを裏付ける。またゼロカーボンのテンセル繊維は再生可能エネルギーを利用して製造され、供給元についても監視と関与をしていて透明性を確保する。
 レンチング・グループは、2030年までに特定の炭素排出量を50%削減し、50年には実質セロカーボンを実現すると2019年末に発表。同社はこの目標に向けてSBT(Science Based Targets)イニシアチブ(気候科学に基づく削減目標)と取り組む最初のセルロース繊維製造業者だ。同社は繊維産業界の賛同を促してそのかじ取りを行い、サプライチェーンの透明化、カーボンフットプリントの少ない原料の調達、そしてそれによる全体の炭素排出量の削減を標準化することを目指す。
 「テンセル」ブランドはこの目標のために“リデュース

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました