伊藤忠とクラボウがタッグ、日本の“サステナブルアパレル連合”結成を呼びかけ

大手メディア
スポンサーリンク






 伊藤忠商事とクラボウは25日、環境に配慮した商品開発やビジネスモデルの創出などを目的とした戦略的パートナーシップ契約を締結した。同時に、伊藤忠はクラボウの海外生産拠点であるタイ・クラボウ(本社タイ・バンコク)株式の一部を取得する。グローバルな生産、販売体制の連携強化をれぞれの強みであるサステナブル原料とテキスタイル技術を組み合わせた新商品の開発や新規ビジネスの開拓をめざす。さらに、繊維業界にとって重要課題となっているサステナブル社会の実現にめざす取り組みとなる「アパレル サステナブル コンソーシアム(仮称)」の設立を計画しており、日本の繊維・ファッション企業に幅広く参加を呼びかける。
提携後初の画期的な新商品が近々完成
 提携の狙いについて、クラボウ繊維事業部・事業推進部の中川眞豪部長は「繊維素材メーカーが単独でサステナブルな取り組みを行なってもできることには限りがある。他社との共創をテーマに社会に新たな価値を創出していきたい」と説明する。
 同事業部は1993年にものづくりの基本姿勢として「ヒューマン・フレンドリー発想」を打ち出し、サステナブルな素材、製品の開発とサービスの提供を行なってきた。同社独自のアップサイクル技術「ループラス」や原綿改質技術「ネイテック」、サステナブルインサレーション「エアーフレイク」は国内外で高い評価を得ている。ここ数年はモノ売り

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました