爆裂!健康美容マニア道 “-190℃”ウルトラアンチエイジングだとうさわのアレをやってみた結果

大手メディア
スポンサーリンク
 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけをここで余すことなくお伝えする。今回は“冷凍美容”について。
 みなさんは-190℃の世界を味わったことがあるだろうか。ここ最近、冷凍庫内を軽々超える極寒の中で、自分を冷やしている。ちょっと想像してみてほしい。食品が凍るのが、-18℃。凍ったバナナで釘を打てたり、濡れたタオルを振り回してカチンコチンに凍らせたりできる、テレビで見るあの光景は-40℃。そして地球上で最も寒い場所、南極はおよそ-100℃。-190℃がいかに突き抜けているか、お分かりいただけただろうか。そんな超絶危なそうな世界に己の身を突っ込むという、エキセントリックなことにすっかりハマってしまったのだ。いったい全体それは何のことかというと、こちら。



 その名も「クライオ・サウナ(CRYOSAUNA)」。クライオはギリシャ語で冷やすという意味。トップアスリートやハリウッドセレブが愛用していることでも話題の全身冷却療法なのだ(クライオセラピーとも呼ばれる)。ざっくり説明すると、気化させた液体窒素で-110℃〜-190℃をつくりだし、その超絶低温環境の中で1〜3分間己を冷やすというドM美容、もとい、冷却療法である。急激に体を冷や

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました