証券マン、PR業からフェムテックブランド「レイ」を立ち上げた女性起業家の思いとは?

大手メディア
スポンサーリンク




「サイクルバランスサプリメント」(8400円)


「シルクウォーマー」(5800円)


「サイクルバランスセラム」(8500円)

 女性向けのD2Cセルフケアブランド「レイ(WRAY)」が今秋デビューした。PMS(月経前症候群)などのホルモンバランスによる不調を整えることが期待できる化粧品などを提案する。第1弾として生理前から生理中に必要な栄養素を補完するサプリメント(定価8400円)、生理前の肌荒れを予防する美容液(定価8500円)、100%シルク製の腹巻き、シルクウオーマー(定価5800円)を公式ECサイトで発売した。
 「レイ」を立ち上げた谷内侑希子レイ代表は、ファッショ・ビューティ業界とは無縁のゴールドマン・サックスやメリルリンチ日本証券といった外資金融企業でキャリアをスタート。その後、オーガニックベビースキンケアブランド「アロベビー(ALOBABY)」のマーケティングや、PR会社のステディ・スタディで経営企画を担った。今年4月に起業し、7月にはマネ―フォワードベンチャーパートナーズが運営するアントレプレナーファンド「ヒラクファンド(HIRAC FUND)」、サニーサイドアップパートナーズ、個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額約4500万円を資金調達した。2児の母でもある谷内代表に「ブランド」を立ち上げた思いや、戦略について聞

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました