COLETTEの偉業を、時計に刻んで。伝説的セレクトショップのドキュメンタリー映画公開を記念して、スウォッチがポップな一本を製作。

メンズファッション
スポンサーリンク

セレクトショップ「COLETTE」。1997年にその櫓をパリ、サントノーレ通り213番地に構え、閉店する2017年までのあいだ、ファッションを中心としたカルチャーの発信源として数々の伝説を作ってきました。
そのエネルギッシュな店づくりは、カニエ・ウェストやファレル・ウィリアムス、NIGO®︎、井野将之などの著名人をも魅了してきました。そのうちのひとり、ジェレミー・スコットは2011年にコレットでスウォッチコレクションを発表し、その後、世界的なデザイナーとして名を馳せていきます。
このたび、そんな「コレット」の閉店前、最後の日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR』が公開を迎えました。それを記念し、「渋谷PARCO」で行われている数々のコラボレーション。なかでも、今回は〈スウォッチ(swatch)〉をご紹介します。



ブルーカラーのボディに、温もりあるタッチでイラストが施されている。
既存の枠におさまらない、コレットの自由な方針とリンクしている。
SUOZ327 CMA 2:13 ¥11,000+TAX
〈スウォッチ〉は、ベルリン発のメンズウェブメディア〈ハイスノバイエティ(HIGHSNOBIETY)〉 と手を組み、スペシャルウォッチ「CMA 2:13」を特別にリプロダクトしました。
「コレット」の創始者コレット・ルソーのポジティブな精神や

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました