【2020夏・最終回】絶対観るべき映画100選 Netflix豪華!巨匠が手がける重厚必見作品 アルフォンソ・キュアロン編#12

メンズファッション
スポンサーリンク
【2020夏・最終回】絶対観るべき映画100選Netflix豪華!巨匠が手がける重厚必見作品 アルフォンソ・キュアロン編#122020年最後の夏、四連休は満喫しただろうか。いよいよ9月最終の週末。秋の訪れを迎えるべき連載の締めくくりはつぶよりの映画を観ておきたい。
 
最終回は、メキシコの巨匠アルフォンソ・キュアロン作品。もしかしたらその名前にピンとこない人も多いかも知れない。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)や『トゥモロー・ワールド』(2006年)など類まれな芸術性で、「死と再生」というテーマを描いてきた。そのなかでも、Netflixオリジナルネット配信作品では異例の快挙となった『ROMA/ローマ』、2014年アカデミー賞監督賞を受賞した『ゼロ・グラビティ』の絶対観るべき究極2作品を紹介しよう。
 
さぁ、プルケとケサディーヤの用意はいいか? どれを観る?
 
『ROMA/ローマ』
 
 
モノクローム映像で描く美しいメキシコの日常
女性目線で瑞々しくもほろ苦さが胸を打つ大傑作!
 
政治的混乱に揺れる1970年代メキシコを舞台に、ある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を、若い家政婦の視点から描いたNetflixオリジナルのヒューマンドラマ。キュアロン監督が脚本・撮影も手がけ、自身の幼少期の体験を交えた。

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました