「G-SHOCK」の上位シリーズ“MT-G”の最新作を買う理由

大手メディア
スポンサーリンク

 “落としても壊れない丈夫な時計”という、時計業界にとって大きな課題を初代“DW-5000C”でクリアしたのは1983年のこと。以降、カシオ計算機の「G-SHOCK」は、軟らかいウレタン樹脂を使用することで耐衝撃性を確保してきた。しかし、約40年の時を経て11月に発売する“MTG-B2000”は、風格あるメタルにカーボンを“融合”することでタフネスを確保する。価格は11万~12万5000円。大人のための「G-SHOCK」ともいうべき最新作のデザインと機能を見ていこう。
「G-SHOCK」の優れた遺伝子を“融合”する“MT-G”シリーズ


“融合”を開発キーワードに掲げた“MT-G”シリーズの最新作。“MTG-B2000-1A4JF”(12万5000円)

 「G-SHOCK」の上位シリーズである“MT-G”の開発は1997年に始まった。その前年には“大人が着けられる、フルメタルをまとった「G-SHOCK」”として“MR-G”シリーズも登場している。“MT-G”シリーズは、“大人に似合う「G-SHOCK」”というコンセプトを受け継ぎつつ、開発キーワードに“融合”を掲げた。初代“DW-5000C”に代表されるウレタンと、“MR-G”のキーマテリアルであるメタルとを組み合わせて、これまでにない「G-SHOCK」を生み出すのが狙いだった。
“デュアルコアガード構造”で時計の心

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました