細井美裕と白濱イズミと。2人のアーティストが話す、”違和感”の必要性。 

メンズファッション
スポンサーリンク

細井美裕『Lenna』2019年
Photo_KIOKU Keizo
Photo Courtesy_NTT InterCommunication Center [ICC]
9/19(土)〜27日(日)までの9日間、東京・お台場にある日本科学未来館で開催されている「文化庁メディア芸術祭」。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を表彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルとなります。第23回となる今年は、世界107の国と地域から3,566点に及ぶ作品の応募があり、多様化する現代の表現を見据える国際的なフェスティバルと成長を続けています。
そんななか行われたのは、「文化庁メディア芸術祭」第23回 アート部門において、サウンド・インスタレーション作品「Lenna」で新人賞を受賞された細井美裕さんと、ラブリとして雑誌、TV、ラジオ、広告などメディアで活動する一方で、詩や朗読、執筆、音楽、など形に捉われずに様々な展示方法を使いながら“言葉”の活動している白濱イズミさんとのリモート対談。初対面であるにも関わらず、いくつもの感性が重なり合った2人の対談の模様をお届けします。

PROFILE


細井美裕
アーティスト

1993年愛知県生まれ。高校時代合唱をきっかけに現代音楽に触れ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました