高機能乳液は「マスク荒れ」した肌の救世主!? 大人の男女に今、取り入れてほしいこと

大手メディア
スポンサーリンク
 2020年の秋から冬にかけて、肌の揺らぎやエイジングサインに悩む大人の女性が、例年より増加するのでは?と予想している。いや、もしかしたら男性も例外ではないのではないか。夏の猛暑下でマスクを着用する(冬場から考えると、約10カ月も着用し続けている)経験は、多くの人にとって過去になかったこと。前回「マスク荒れ」の記事で書いた通り、マスク内の蒸れやこすれ、着脱による急激な温度・湿度の変化が影響し、バリア機能を低下させている人が少なくないと思われるからだ。
 ここに秋冬の温度・湿度低下が加わると、当然バリア機能低下にも拍車がかかる。ただでさえ代謝が低下しがちな大人の肌に、コロナ禍後の秋冬は、どのようなお手入れをすべきなのか?個人的に推奨したいのは、断然「乳液」を取り入れることだ。美容液でもなくクリームでもない、実に基本的なアイテムだが、バリア機能に不可欠な「水」と「油」を、最も効率良く補給してくれるからである。
肌の構造上、「水」と「油」は絶対に必要な存在
 本当に「そもそもの話し」ではあるけれど、肌の構造上、潤い保持には「水」と「油」の両方が絶対に必要になる。角質細胞同士の隙間を埋める細胞間脂質は「油」だし、肌表面を守る皮脂も「油」。水だけ与えても、構造的に保持することができないうえに、タンパク質である肌をしなやかに保つには「油」が必要だ(革製品を柔軟にするために、オイルやクリームが使

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました