メディア芸術を見て、触れて、体感できる9日間。第23回メディア芸術祭、開催中。

メンズファッション
スポンサーリンク

アート、エンターテインメント、アニメーション、 マンガ。日本が世界に誇るカルチャーの4部門において優れた作品を顕彰し、さらには受賞作品の鑑賞ができるメディア芸術の祭典、それが「文化庁メディア芸術祭」です。
第23回となる今回は、世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、大賞、優秀賞、新人賞、そして今回新設のソーシャル・インパクト賞、U-18賞が選出されています。また、4部門以外に「フェスティバル・プラットフォーム賞」を新設し、世界17の国と地域から応募された46作品の中から受賞作品を選出、そして功労賞としてメディア芸術分野に貢献のあった方が選出されました。
これまで以上にスケールアップした今年のメディア芸術祭、要注目です。
それでは、各賞の受賞作品と功労賞をご紹介していきましょう。
アート部門
大賞
[ir]reverent: Miracles on Demand
メディアインスタレーション、バイオアート
Adam W. BROWN[米国]
優秀賞
between #4 Black Aura
メディアインスタレーション
ReKOGEI(代表者:石橋 友也)[日本]
© 2018 ReKOGEI

優秀賞
Ferriscope
映像インスタレーション
Bull.Miletic [ノルウェー/米国]
© Bull.Miletic
Photo: Bull.Mile

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました