「バーバリー」2021年春夏を読み解く 森の中の無観客ショーで表現した”人魚とサメのラブストーリー”

大手メディア
スポンサーリンク


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry


© Courtesy of Burberry

 2021年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウイークが9月17日、開幕した。トップバッターはリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)がチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)を務める「バーバリー(BURBERRY)」。アマゾンが提供するライブストリーミング配信プラットフォーム、ツイッチ(Twitch)を通して、イギリスの大自然の中で行なった無観客ショーを配信した。ここでは、「WWDジャパン」編集長の向千鶴と、ロンドン・ファッション・ウイークを取材する記者の大杉真心が対談し、それぞれの視点で今回のコレクションを読み解く。
向:さあ、21年春夏ロンドン・ファッション・ウィークが始まりましたね。皮切りは「バーバリー(BURBERRY

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました