【FOCUS IT.】三軒茶屋の新進気鋭の古着屋が集まりポップアップストアを開催。いま着たい古着ってどんな感じ?

メンズファッション
スポンサーリンク

連載「古着サミット」に始まり、古着のアンティークモール「フイナムズ」の運営、そして最近始まったニュー・ヴィンテージにフォーカスを当てる新連載など、『フイナム』と古着の関係は切っても切れない関係です。
いままでアメカジブームやファッションブランドの元ネタとなり価値が上がったアイテム、近年の90年代ファッションの流行など、さまざまなムーブメントから古着にフォーカスが当たってきましたが、最近はどこか違うムードも感じられます。
それは嗜好性の高いヴィンテージを探し集めるといった考えではなく、年代を制限せずに、近年ものでもファッションアイテムのひとつとして古着を取り入れているひとが増えたということ。
今回はその傾向が強い三軒茶屋に店舗を構える新進気鋭の古着屋「エクレ.(Ecle.)」と「ペルアア(per-aah)」、そしてつい最近まで下北沢の老舗古着屋でバイヤーを勤め、「コンテニュー(CONTiNUE)」を主宰し始めた定常さんを加えた、合同ポップアップストア「スーパーハウス(SUPER HOUSE)」が、9月25日(金)から28日(月)の4日間で開催されます。
下は数千円から、上は十数万円のヴィンテージも登場するこのポップアップ。30歳のオーナー達に、イベントについてや最近の古着事情についてお話を伺ってきました。
「コンテニュー」主宰 定常匡史さん(左)、「ペルアア」オーナー 野田将太さ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました