アーティスト高木耕一郎の個展『Infinite Light』開催|ART

メンズファッション
スポンサーリンク
刺繍やコラージュ、ペインティング、ステンシルといった手法で、擬人化した動物をモチーフに表現を続けるアーティスト、高木耕一郎。表参道のMAKI Galleryで開催される個展『Infinite Light』では、これまでの作品と共に最新作が発表される。ART|Infinite Lightアーティスト高木耕一郎の個展『Infinite Light』開催刺繍やコラージュ、ペインティング、ステンシルといった手法で、擬人化した動物をモチーフに表現を続けるアーティスト、高木耕一郎。表参道のMAKI Galleryで開催される個展『Infinite Light』では、これまでの作品と共に最新作が発表される。Text by WAKABAYASHI Satsuki凶暴なのか可愛いのか、神聖なのか低俗なのか。<br>相反する性質を帯びた作品に込められた思いトラやクマなどの大型のものから、ネコやリスなど親近感のある小さなものまで、あらゆる動物を擬人化させ、刺繍やコラージュなどの手法で唯一無二の作品に仕上げる高木耕一郎。独自の手法とその世界観は観る者の記憶に深く刻まれる。ここでは9月17日より開催される個展『Infinite Light』での最新作に注目したい。彼がモチーフとする動物たちは、時に聖職者のような装いをしていたり、ストリートギャングのように牙をむくことも。凶暴なのか可愛いのか、神聖

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました